株式投資で狙うのはインカムゲインかキャピタルゲインのどっちが良い?【インカムゲインの最大化を狙おう】

金の卵の画像
株式投資はインカムゲイン狙いかキャピタルゲイン狙いか

こんにちは!はりじろー(@kachilogy)です!

株式投資で狙うのはインカムゲインかキャピタルゲインか。

これ、結構悩む人も多いかもしれません。

僕はごく最近まで、キャピタルゲインのことしか考えていませんでしたが、一転、インカムゲイン狙いに方針を転換しました。さらに踏み込んで言うと、インカムゲインの最大化を目指すことにしました。

なので、僕なりの結論としては「インカムゲインの最大化を狙うべき」ということになります。

株式投資におけるインカムゲインとキャピタルゲインとは

インカムゲインとは、保有している資産から生み出される継続収入のことです。株式投資の場合は、配当金ということになります。

一方、キャピタルゲインというのは、資産そのものを売却することによって得る収入のことです。株式投資の場合は、保有している株が値上がりした場合にその株を売却すれば売却益が手に入りますね。これがキャピタルゲインということになります。

株式投資で狙うのはインカムゲインが良いと思う3つの理由

思い込みというのは恐ろしいもので、これまで10年間ほど株式投資をやってきて、配当にはほとんど興味を持っていませんでした。株式投資とは値上がりした株を売却して利益を得ることだ、としか思っていませんでした。つまり、完全にキャピタルゲイン狙いだったわけです。

でも、ここ最近の話ですが、インカムゲイン狙いに方針転換をしました。その理由は下記のとおり。

そもそも株式投資の本来の在り方に近いと思うから

株式投資って、企業が発行する株を買うことで、その企業に出資をするわけです。いわばその企業のごく一部分の所有者(オーナー)になることと言えますよね。

出資先の企業はそうして調達したお金を使って事業を行なって、利益を増やし、企業価値の増大を目指します。そして投資家に対して、株価の上昇や配当金という形で還元するわけです。

で、これまでは、投資した企業の「株価の上昇」にしか目を向けていなかったわけです。つまり、株価が上昇して「狙った価格になったら売る」(つまりキャピタルゲイン狙い)ということをやっていたわけですね。

でもね、これって、「所有権を売る」ってことですし、「資産を売る」っていうことなんです。

これに対して、インカムゲインとしての配当金狙いであれば、「出資した企業から、利益の一部を継続的に支払ってもらう」ということになります。資産としての「企業の所有権」を持ち続け、そのリターンを継続的にもらい続けることができます。

和製バフェットと呼ばれる大投資家・竹田和平さんも「投資の目的は毎年の収穫たる配当。畑の値段が上がったり下がったりすることを気にすることはない」と言っています。

インカムゲインに目を向けることが、株式投資の本来の在り方に近いのでは?と思ってきました。

配当金は高い精度で予測可能(株価よりは)

将来の株価の予想はほとんど不可能ですが、配当金は高い精度で予測可能だと思っています(株価よりは)。

キャピタルゲイン狙いで投資する際には「この銘柄は今後これくらいの株価がついてもおかしくない」と将来の株価を「期待」して投資をすることになります。株価は業績と連動するし、いずれはその企業の持つ価値と一致すると考えられます。

とはいえ、その時々の経済環境、相場環境に大きく左右されますし、業績が良くても株価が下がっていくなどということはいくらでもあります。どんなプロでも、株価の正確な予想は不可能です。

一方で配当金はどうかというと、将来の予想は高い精度で予測可能だと思っています(株価よりは)。これは、配当を出し続けている優良企業であれば、という条件付きですが。

毎年配当を出し続け、しかもそれが増えているような優良企業であれば、この先も配当が出続けると予想できます。もし一時的に業績が落ち込んでも、減配(配当が減る)することはあり得ますが、その後ずっと無くなるようなことはあまり無いでしょう。

配当金については、将来に渡ってこれくらいもらえそうだ、という予測が可能だと思っています。

株価を気にせず、ずっと保有しているだけで良い。しかも年月と共にインカムゲインが増えていく。

配当金狙いであれば、株価を気にする必要は無く、ずっと保有しているだけで良いのです。しかも年月と共にインカムゲインが増えていきます。

先程の竹田和平さんの言葉にもあるように、株価を気にせずに保有し続けて、毎年の収穫たる配当を受け取れば良いんです。株価を気にして株の売買に時間と手間をかけるのではなく、「受け取る配当金を増やしていく」という意識で、株を少しづつ買って増やしていくのです。

そして、配当金をたくさんもらうためには、なるべく長期で保有することがポイントになります。年月とともに、受け取る配当金の累計はどんどん増えていくことになるからです。

インカムゲインの最大化を狙おう

行き着いた結論としては増配株への長期投資です。毎年、配当金が増えていくような優良企業に長期で投資をするという方法です。

これによりインカムゲインの最大化を狙う方針に、最近になって舵を切りました。

なお、増配株について詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

増配株とは?

まとめ

株価を気にせず、毎年受け取る配当金を増やしていく。インカムゲインの最大化を狙っていく。

これってすごくワクワクしませんか?

何よりも、いちいち株価を気にしないことってメンタル的にも非常に良いと思いますよ。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です