株価が暴落・急落した時の対応策は?売り時を逃したら損切りすべき?

株価暴落
株価暴落

こんにちは!はりじろー(@kachilogy)です!

今回は、

  • 株価が暴落・急落した時の対応策を知りたい
  • 株価が暴落・急落したら、持ち株は売るべきなの?
  • 売り時を逃してしまった・・・損切りしてでも売るべき?

こういった疑問に答えます。

暴落・急落時の対応策については、僕自身も失敗を何度かしながら、やっとルールを設定することができました。今回は、それを書いておきます。

この記事を書いている僕は・・・

FP2級、AFPを保有しています。
個別株投資は10年ほど。投資信託はそれより運用歴は短いのですが、並行して実践しています。

株価が暴落・急落した時の対応策は?

最初に結論を言うと、

  • 基本は「急いで逃げる」
  • ただし、暴落・急落がごく一時的なものだと確信が持てるのなら、持ち株は保有もアリ(ただし、100%大丈夫ということはあり得ない)
  • 銘柄固有の理由ではなく、相場全体が下落しているだけの場合でつられて下落している場合は、買い増しもアリ(慎重に)

上記のとおりです。


これはあくまで僕のルールですが、成功しているベテラン投資家からも聞いたルールですし、これで大きな間違いは無いんじゃないかと思います。

基本は「急いで逃げる」

よほど資金が豊富にあるなら話は別ですが、僕も含めてごく一般的な個人投資家であれば、基本戦略は「急いで逃げる」が良いのではないかと思います。

なぜなら、投資の一番大事な原則は、「生き残ること」だからです。

生き残るというのは、つまり、致命的な損失を被らないということです。

生き残るためには、「どうなるかわからないから一旦逃げる」が最善だと思いませんか?

暴落や急落が起こる理由や原因は様々ですし、その状況(世界同時なのか、日本独自なのか、特定のセクターなのか)や下げ幅も様々です。

暴落や急落がいつ起こるのかを正確に言い当てるのはプロの投資家でも無理だし、ましてや一般的な個人投資家には不可能ですよね。それと同じで、いつ回復するのか、その暴落や下落は一時的なものなのかを正確に判断するのは、結構難しい。

「一時的なもの」「すぐに元に戻る」という根拠を持てるのであればそのまま嵐が過ぎるのを待てばいいと思いますが、なかなかそういう根拠を持つことは難しいと僕は思います。

一旦逃げて現金化しておけば、回復基調に入ったときに、手放した銘柄や欲しかった銘柄を安く買うことが出来ますし、そこからまたスタートすれば良いだけです。

ということで、よほど資金があって「まあいいや、待っておこう」というのなら良いと思いますが、一般的な個人投資家にとっての基本戦略は「急いで逃げる」です。

暴落・急落がごく一時的なものだと確信が持てるのなら、持ち株は保有もアリ

どれくらいの期間を「一時的」と言うのかは投資スタンスにもよると思いますが、暴落・急落がごく一時的なものだと確信が持てるのなら、持ち株を保有し続けるというやり方もあるでしょう。

手持ち資金が豊富にあり、別にしばらく持ち株を寝かしても問題ない場合はありかもしれません。

精神衛生上、大きく利益が乗っていて暴落や急落に耐えられるほどの余裕を持っていることが望ましいですね。

ただ、これをする場合、「一時的ではなく、長期的に回復しなかったらどうするか」を考えておく必要がありますね。

銘柄固有の理由ではなく、相場全体が下落しているだけの場合でつられて下落している場合は、買い増しもアリ

暴落や急落という状態は、大抵は相場全体が一斉に下落している状況です。こういう場合、相場が好転すると共に、ファンダメンタルが良好な銘柄であればいち早く株価が回復していくものです。

そうしたプランが描けるのであれば、相場全体が大きく下落して底が見えてきたところで買い増しをしていくというやり方は有効です。そうすれば平均購入単価を下げることになり、やがて回復したときの利益は大きなものになるので。

ただ、資金に余裕があり、回復を「待てる」ということが前提になってきます。

持ち株の売り時を逃したら損切りすべき?

では、株が暴落・急落した時には売ろうと思っていたのに、逃げ遅れた、売り時を逃した場合はどうするべきでしょうか?損を出していても損切りすべきでしょうか?

これも考え方は同じでして、もともと「暴落・急落したら売ろう」という考えを持っていたのなら、可能な限り早く売るべきでしょう。(というか、もはやそれ以外には当面の塩漬けしか無いし・・・)

最悪なのは、「いや・・・でもきっと株価は元に戻る」と根拠の無い希望を胸に、しょっちゅう株価を確認してそそわそわしてしまうことです。

最初に決めた考えを、冷徹に徹底することが大事なんじゃないかな、と思います。

株価が暴落・急落した時の対応策は?売り時を逃したら損切りすべき?のまとめ

以上、今回は株価が暴落・急落した時の対応策は?売り時を逃したら損切りすべき?というテーマについて書きました。

株価が暴落・急落した時の対応策をまとめると、

  • 投資家のスタンスや資金量にも関係しますが、一般的な個人投資家にとっての基本戦略は「急いで逃げる」
  • 暴落・急落がごく一時的なものだと確信が持てるのなら、持ち株は保有もアリ(ただし、余裕資金が豊富にあり、持ち株にも利益がたっぷり乗っている場合)
  • 銘柄固有の理由ではなく、相場全体が下落しているだけの場合でつられて下落している場合は、買い増しもアリ(買い増し資金があり、かつ、プランが描けるなら)

売り時を逃したら損切りすべき?ということについては、

  • もともと「暴落・急落したら売ろう」という考えを持っていたのなら、可能な限り早く売るべき

ということになります。

すごく大事なこととして、「株が暴落・急落したどうするか」を予め決めて、売買ルールに組み込んでおくことをオススメします。

ちなみに株を売る時のルールについてはこちらの株を売るタイミングとは?何パーセントの利益を目安に売るべき?という記事をぜひ併せて読んでみてください。

お金のイラスト

「暴落・急落」についてというより、平時の「売りルール」が中心ですが、この売りルールに「暴落・急落した時のルール」を追記する感じですね。

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です